チェンソーの口コミです ウォルブローキャブチェーンソーの値段 2017年度 サイクル

今まで使っていたチェンソーの感覚で早速使ってみたらエンジンが始動せず悪戦苦闘。部品も供給されていいるようですし!良い買い物になりました。マニュアルには最初は最大出量にして様子を見ながら減らしていくように指示されているが初心者にはやはりわかりにくい。

コレです♪

2017年01月21日 ランキング上位商品↑

チェーンソー チェンソー サイクル ウォルブローキャブ【予約:2月上旬入荷予定】【1年保証】HAIGE チェーンソー チェンソー 20インチ(50cm) 排気量:52cc 2サイクル 3馬力 ウォルブローキャブ搭載

詳しくはこちら
 b y 楽 天

もしくは別売りで用意してもらえるとありがたい。エンジンもすぐかかり、さすがの馬力で、40センチ丸太切りもスイスイ。構造は1万円程度の物をそのまま大きくしたような感じですが私的にはむしろ慣れていて扱いやすいです。エアフィルターに関しても分解してクリーニング出来ることが記載されていない。普段のメンテナンスはクラッチ側のカバーを外してクリーニングしていたがこれからは反対側もクリーニングしないといけない。。このような症状が出ることはマニュアルには記載されていない。ソーチェーンをセットするとき最初は戸惑いましたが何回は外したり取り付けたりしているうちにどのようにセットすればよいか理解することが出来ました。対処方を参考に処置をしましたらかかりました。動作確認後発送されると思いますが!燃料はしっかり抜いて発送下さい。チェーンの張り具合を調整するときサイドのカバーを少し緩めると調整ネジがスムーズに回ることに気が付くまで時間が掛かりましたが今では簡単に調整できるようになりました。まずHPで見た商品と違い?両サイドアルミで剛性を高めた商品でした。最初掛かりにくくて大変でした。商品は直ぐ届きました。組み立てが厄介でしたが!クリアすれば!快調です。山の作業が!楽しみになりました。商品は使用前にマフラー固定ボルトの不具合が有りましたが!迅速に交換してもらい!不具合に対する店舗の対応も満足のいくものでした。チェーンの目立ては付属のヤスリでもできますが、やはりオレゴンのガイド付きのヤスリを使う方が確実に出来ます。使用後の清掃ですがエアコンプレッサーでエアガンを使うと割と簡単に油で固まった大鋸屑を吹き飛ばすことが出来!楽が出来ます。リコイルスターターの調子が悪くなりロープが戻らなくなってしまった。組立ても以外に簡単でした。 しばらく使い込んでからの感想です。仕事で伐採を行いましたが、パワーもありとてもコストパフォーマンスの良い商品を購入できました。しかし電話でサポートに問い合わせると丁寧な対応とパーツも一式スピーディに送付してもらいとても満足しています。ネットで安物買いをして失敗したことも多々ありますが!こちらの商品はサポートも含め満足できました。デザインも良いです。直径70センチ程の雑木を伐採するのに購入しました。使っていくうちに直ぐに掛る様になり、馬力も有り満足しています。他に詳しいメンテナンス解説本が有れば紹介してほしい。チェーンオイルの出る量が多いのかメンテナンス後新聞紙の上に置いておくとオイル染みが出来ている。何の苦もなくあっというまに切断できました。幹回り50CMほどのびわの木を楽々切り倒しました。今迄!30cc!35センチのチェンソーだったので!明日から!其のパワーを期待しています。初めてのチェーンソー購入でしたので色々解らないことがありアホな質問をしてしまいましたが疑問に最後まで詳しく答えていただき助かりました。国産メーカーとあまり違いのないほどでした。思った以上のパワーと切れ味に満足しています。低価格であった為、商品を手にして動作確認をするまでは半信半疑であったが、商品を手にし動作確認と木材の試し切りして価格の割には良い商品だと感じました。今日、届きました。マニュアルは写真付きで書かれていますが別紙の追加マニュアルがあり、更に初心者には解り辛い表現があり戸惑います。チェンソーの性能としては満足しています。エンジン始動は多少のノウハウがあり、サポートの前後で全く違う印象です。以上の事からちゃんとしたメンテナンスマニュアルを同梱して欲しい。一緒に作業する人がバー長さ350ミリの国産チェンソーを持ってきていましたが、350ミリチェンソーでは大変だったので太い幹はHAIGチェンソーで脇枝は350ミリチェンソーで作業しました。チェーンソーは1万円程度(25cc)の物を持っていましたが!直径60センチほどの倒木には歯が立ちませんでした。そこで52ccと20インチにひかれて購入してみましたが素晴らしいです。分解して中をエアダスターでクリーニングしたら復活したが焦ってしまった。ただキャブのフィルターに割れがあったのと、動作確認した時輸送途中で燃料がかぶったのか判りませんが、吸い込みすぎが発生してエンジンがかかりませんでした。結果的にスターターロープが切れてしまい最悪の状態。